読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

70ー80年代ロック名曲セレクション

ハード、ポップ、プログレ、ファンク、・・・等々、1970ー1980年代の洋楽ロックの名曲を独断と偏見でご紹介。この曲達を聞かずして、ロックを語ること無かれ。

Heat Of The Moment 【ASIA】 (1982)

収録アルバム "ASIA"

 

 

前回からのジョン・ウェットンつながりということで、"ASIA"の"Heat Of The Moment"です。

"UK"解散後のジョン・ウェットンが、実績・知名度ともに文句なしのメンバーを集めて結成したスーパー・グループ"ASIA"のデビュー・アルバムのオープニング・ナンバーで、全米ロックチャートNo.1を記録したヒット・チューンです。

イントロのギターのリフだけで、もうワクワク感がハンパないですね。ジャンルとしてはハード・ポップ?各メンバーが実績を残した頃のプログレッシブ・ロックの緊張感はないのですが、皆が余裕を持って楽しげに演奏している姿が目に浮かぶような、爽快な曲です。間奏は、一転してテンションをグッと押さえて、ギター、キーボード、ベースがメロディアスに絡み合い、そしてまたサビへと向かって盛り上がっていく・・・ツボを押さえた見事な構成がたまりません!

当時、ASIAを始めとして、BOSTON、JOURNEY、TOTO、FOREIGNERといった実力派のバンド達が、軽快でキャッチーなロック・ナンバーを世に送り出して、商業的な成功を収めました。これを「産業ロック」と揶揄する風潮がありましたが、それの何が悪いというのでしょう!実力、才能のある素晴らしいバンドだからこそ、ヒットする良い曲が書けるのであり、それが大衆ウケを狙ったものだとしても、良い曲であることに変わりはありません。「産業ロック」、大好きです!

"ASIA"は、スーパーバンドであるが故の短命さを危惧していたのですが、メンバーチェンジを繰り返しはしたものの、素晴らしい曲を数多く発表しています。また機会があれば、他の曲も紹介したいと思います。