読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

70ー80年代ロック名曲セレクション

ハード、ポップ、プログレ、ファンク、・・・等々、1970ー1980年代の洋楽ロックの名曲を独断と偏見でご紹介。この曲達を聞かずして、ロックを語ること無かれ。

Rise 【Herb Alpert】 (1979)

収録アルバム "Rise"

 

時には、ゆったりとした時間の流れに身を任せて・・・

 

ロックというジャンルからはちょっと外れますが、非常に好きな曲なのでご紹介したいと思います。

トランペット奏者のハーブ・アルパートが1979年にリリースしたアルバム "Rise" のタイトル曲、"Rise"です。

ハーブ・アルパートという名前は聞いたことがないという方でも、ニッポン放送のラジオ深夜番組「オール・ナイト・ニッポン」のテーマ曲と言えば、ピンとくる方は多いのではないでしょうか。
あれは、決してラジオ番組のために作られた曲ではなく、ハーブ・アルパートの "Bittersweet Samba"(ビタースィート・サンバ)という曲なんですね。

さて、ハーブ・アルパートですが、1962年からミュージシャンとしての経歴をスタートさせています。"Tijuana Brass"(ティファナ・ブラス)というバンドを率いて、アルバムを何枚かリリースしているのですが、先ほどの "Bittersweet Samba" は、1965年リリースの "Whipped Cream & Other Delights" というアルバムに収録されています。
1969年にバンドは一旦解散するのですが、その後また再結成し、アルバム・リリースやライブ・ツアーも精力的に行っていました。

それと並行して、1970年代から1990年代にかけて、ソロ・ミュージシャンとしての活動も活発に行っており、その中で1979年にリリースしたのが、今回ご紹介する "Rise" になります。

基本的にはトランペットのアルバムなので、まるで歌っているかのようなメリハリ、強弱などの表情のあるトランペットの演奏を堪能できます。モスクワ・オリンピックのテーマ曲でもある "1980"の戦場での雄叫びのようなトランペットの響き、アランフェス協奏曲を巧みなアレンジでカバーした "Aranjuez" での勇ましくも哀愁を帯びたトランペットの音色・・・。ですが、聴きどころはそれだけではなく、当時の流行のディスコ・ビートやフュージョンなども取り入れた、洋楽が好きな方ならスンナリと入ってくるような曲調であったり、トランペット以外のパートのアレンジの完成度の高さなども注目すべきところかと思います。

アルバム・タイトル曲の "Rise" ですが、全米1位のヒットとなりました。日本でも車のCMなどで使われており、結構ヒットしたのではないかと思います。

ベース・メインのミディアム・テンポのリズム・パートから曲は始まります。
ピアノ、ギターが重なり、ちょっとしたパーティを連想させるような楽しげな手拍子、歓声などが効果的に曲を盛り上げていきます。
そして、トランペットの主旋律は、非常にゆったりとしたテンポで、汚れのない清々しい音色で、聴く者を魅了して止みません。
曲を聴いた時に頭に浮かぶイメージとしては、南の島の浜辺、初夏の夕暮れ、パーティが終わった後で気の置けない仲間たちと交わす軽めのカクテル・・・といったところでしょうか。

リリース当時に見たPVもとても印象的でした。撮影スタジオ?で曲にあわせて女性とステップを踏むシーン、そして浜辺をゆっくり歩きながらトランペットを吹くシーン・・・。大人な感じが(当時まだ若かった私としては)ちょっと眩しかったですね。

たまにはこんな音楽を聴きながら、忙しい日々を忘れてゆったりとした時間に身を置く事も必要だなーとしみじみと思います(笑)。

 

 

PS:
ちなみに、ハーブ・アルパートには実業家の顔もあり、アメリカのA&Mレコードの創設者でもあります(A&Mの"A"は、Alpertの"A")。

カーペンターズを発掘した人でもありますね。

 

The Best Of Times 【STYX】 (1981)

収録アルバム  "Paradise Theater"

 

華やかな時代もいつかは終わりが来る。しかし、思い出は・・・

 

アメリカのハード・プログレッシブ/ポップ・ロック・バンド "STYX" が1981年にリリースした10枚目のアルバム "Paradise Theater" に収録された珠玉のバラード "The Best Of Times" をご紹介します。

スティクスは1972年にデビューし、(メンバー・チェンジを繰り返しながらも)現在もなお活動を続ける、歴史と伝統のあるバンドです。

デビュー当初はコテコテのプログレッシブ・ロックで、大衆受けはしなかったものの、一部のコアなファンの指示を集めていました。
1974年の3rdアルバムあたりからポップ性を徐々に意識し始め、1975年の5thアルバムのリリースの後にバンドに加入したトミー・ショウの影響で、バンドは一気にポップ・ロック路線への方向転換を加速していくことになります。
同時に、大衆からの人気も獲得することとなり、1977年リリースの7枚目のアルバム "Grand Illusion" が初の全米トップ10に入ります。1979年リリースの9枚目のアルバム "Cornerstone" は全米2位の大ヒットとなり、同アルバムからのシングル "Babe" は全米1位を記録することになりました。

そして、押しも押されぬ人気バンドとなった彼らが1981年にリリースしたアルバムが、今回ご紹介の "Paradise Theater"です。
シカゴに実在(1928~1958)した「パラダイス・シアター」という劇場の栄枯盛衰をテーマにしたこのアルバムは、念願の全米1位を獲得し、シングル・カットした "The Best Of Times"(全米3位)、"Too Much Time On My Hands"(全米9位)の2曲も大ヒット、まさにスティクスがアメリカン・ロックの頂点に上り詰めた感のある1枚です。
デビュー当時は無骨で生真面目なプログレッシブ・ロック・バンドだったスティクスが、トミー・ショウという都会風ヤンチャボーイの加入で一気にあか抜けてサウンドもポップになっちゃって、ボーカル、キーボードのデニス・デ・ヤングもすっかり洒落たオジサンになっちゃって、だけどもギタリストのジェームズ・ヤングだけはどうしても泥臭さが抜けなくて、その絶妙なバランスが魅力のバンド、という私の印象です。

今回ご紹介する曲 "The Best Of Times" ですが、ピアノとボーカルでシンプルに始まり、サビでドラム、ベース、ギターとコーラスが被さって盛り上がっていく、とても美しいバラードの名曲です。
デニス・デ・ヤングの艶やかでハリのあるボーカルは力強くもどこかちょっと翳があり、またボコーダを使用した印象的なコーラス・フレーズ、そして間奏のトミー・ショウのギター・ソロも、華やかな中にもガラスのような脆さがあり、曲全体のイメージ、あるいはアルバム全体のテーマ「華やかな時代もいつかは終わりが来る。でも思い出はずっと心の中に残り続ける。」というものを見事に表現していて、感動的ですらあります。

アルバムの収録曲 "Too Much Time On My Hands" もとても好きな曲です。打ち込みサウンド風のミドル・テンポの淡々とした曲なのですが、サビで入るハンド・クラップが印象的です。
忘れることができないのが1982年の初来日ツアー、横浜文化体育館に出掛けていきました。コンサートの中で、この "Too Much Time On My Hands" の演奏が始まり、観客が思い思いのちょっとバラけた手拍子で盛り上がっていたのですが、サビに入った途端に、元曲とまったく同じタイミングで演奏に合わせて手拍子が打ち鳴らされた時は、鳥肌が立ちましたねー。会場全体の一体感の中にこの自分もいることを感じて、とてつもなく幸せな瞬間を味わうことができました。

 

Hotel California 【EAGLES】 (1976)

収録アルバム "Hotel California"

 

高校3年の思い出が鮮やかにフラッシュ・バック・・・

 

前回に続いて、イーグルスの大ヒット・アルバム "Hotel California" からタイトル曲の "Hotel California" をご紹介します。

前回書きましたように、よりロック色を強めた4枚目のアルバム "One Of These Nights"(邦題:呪われた夜)が商業的に成功したのですが、その後のメンバー・チェンジで才能ある実力派ギタリスト、ジョー・ウォルシュの加入により、さらにバンドはロック・テイストの強い楽曲を作成し、1976年に5枚目のアルバム "Hotel California" をリリースします。

このアルバムは全米アルバムチャートにおいて8週連続1位となり、同年のグラミー賞最優秀レコード賞を受賞、全世界で2000万枚以上を売り上げる大ヒットとなりました。

ちなみに、アルバム総売上枚数が1億枚を超えているアーティストは、ビートルズエルヴィス・プレスリー、ガース・ブルックスレッド・ツェッペリンとこのイーグルスの5組しかおらず、彼らの全世界的な人気の程が窺えます。

 

アルバム・タイトル曲の "Hotel California" ですが、アコースティック・ギターの印象的なアルペジオから始まります。

曲全体を通して、バックに流れるアコースティック・ギターアルペジオ、エレクトリック・ギターの乾いた音色のカッティング、そしてオーバードライブのかかったコード・ワークとフィル・イン、エンディングのドン・フェルダージョー・ウォルシュのギター・ソロの掛け合い、そしてフェード・アウトしながらのギターのハモリ・・・と、ギターのアンサンブルが非常に良く考えられていてなおかつ美しく、そのひとつひとつが効果的に曲の世界を盛り上げています。当時のギター小僧にとっては、最高のお手本でしたね。

この曲を聴いて、初めてギターを手にした者、急いで楽器屋に走ってBOSSのディストーションを買い求めた者、「12弦ギターを買おう!」と決心した者・・・等々、
影響を受けたギター小僧は全世界に何万人といることでしょう。かく言う私も、"Guitar Magazine" の楽譜と首っ引きで、エンディングのギター・ソロを一生懸命コピーした一人でした。

この曲の歌詞についても、いろいろな解釈がされているようですね。

あらすじとしては、

* * * * *
舞台はカリフォルニアの荒野のハイウェイ。

長時間の車の運転に疲れた私は、小奇麗なホテルがあるのを見つけ、幾日か滞在することにした。

ティファニーメルセデス・ベンツにカブレた女性達。
そして何人ものボーイフレンド。
彼らは中庭でダンスを踊っている。
思い出すために踊る者もいれば、忘れるために踊る者も・・

堕落した滞在客達に嫌気がさして、以前の日常生活に戻るためにホテルを離れようとした私だが、夜警の男達に止められてしまう。

「もうあなたは、戻ることはできないんですよ。」

* * * * *

という、ちょっとした怪談じみたミステリーなのですが、これについて、現代のロック産業を揶揄しているとか、ホテル=精神病院で現代の若者の退廃の様子を模したものだとか、まあ、いろいろな憶測が憶測を呼んでいる状態です。

メンバーのドン・ヘンリーのインタビューでは、このような歌詞の拡大解釈に本人達も驚いている、ということでした(笑)。

確かに、最後の歌詞ひとつ取ってみても、

  You can check out any time you like, but you can never leave!
  (好きな時にチェックアウトはできるけど、二度と離れることはできないんだ!)

という意味深でその真意を知りたくなる内容ではありますね。

 

有名な話ですが、「ホテル・カリフォルニア」というのは、メキシコに実在するんですね。ネットで検索すると、海外ツアーのサイトがいっぱい引っ掛かってちょっとビックリします。ただし、アルバムのジャケットに使われているホテルは、また別のホテルなんですね。ジャケットのホテルはビバリーヒルズのダウンタウンにある「ビバリーヒルズ・ホテル」というホテルで、"The Pink Palace"(ピンクの宮殿)とも呼ばれている、優雅な佇まいの超高級ホテルだそうです。

 

ちなみに、私が高校3年の時、授業をサボって喫茶店に入り浸り、スペース・インベーダー・ゲームに100円玉を投入しまくっていた頃、有線のヘビロテでかかっていたのがアバの「ダンシング・クイーン」とこの「ホテル・カリフォルニア」でした。この曲を聴くと、当時の思い出が懐かしく蘇りますね。

 

One Of These Nights 【EAGLES】 (1975)

収録アルバム  "One Of These Nights" (邦題:呪われた夜)

 

イーグルスと言えば「ホテル・カリフォルニア」なんですが、それ以外にも名曲がいっぱいあるということで、今回は1975年に発表された4枚目のアルバム "One Of These Nights"(邦題:呪われた夜) から "One Of These Nights" をご紹介します。

1971年にデビューしたイーグルスですが、もともとはカントリー・ロック志向の強いバンドで、1枚目、2枚目のアルバムではバンジョー、スティール・ギター、マンドリンなどの楽器をフィーチャーするなどして、ブルー・グラス的な楽曲も多く演奏していました。

ところが、1974年にリリースした3枚目のアルバム "On The Border" から参加したギタリストのドン・フェルダーの影響で徐々にロック色が強まり、加えてプロデューサーがロック畑のビル・シムジクに変わったことで、バンドのサウンドの変化により拍車がかかることになります。

この4枚目のアルバムは、さらにカントリーのフレーバーが薄れ、ロック色が強まるとともに、当時流行の兆しを見せていたAOR、ファンクなどの要素も取り入れたことが成功に繋がり、このアルバムからタイトル曲 "One Of These Nights"(全米1位)、
"Lyin' Eyes"(全米2位)、"Take It To The Limit"(全米4位)という3曲のヒット曲が産まれ、アルバム自体も全米第1位の大ヒットとなりました。これにより、イーグルスというバンドの存在が広く世界で認知されることとなり、次のアルバム "Hotel California" の大成功へと繋がっていくわけです。

アルバムのタイトル曲 "One Of These Nights" ですが、ドラッグやディスコに溺れる当時の都会の若者の退廃した状況を歌ったものと言われており、曲全体を通して、ギター、ベースの少ない音数、不穏なフレーズで確かに退廃したイメージが印象づけられます。ボーカル・パートも淡々としているのですが、間奏ギター・ソロ後のコーラス・ワークは一転して実に華麗で美しい!退廃の中に見出す一筋の希望という感じでしょうか、ファルセットなどでちょっと黒っぽい雰囲気を出しているのが、バックのシンプルな演奏との対比でより一層華やかに聴こえてきます。演奏、ボーカルのアレンジによる全体の雰囲気作りが絶妙の1曲です。

2016年1月、バンド創設メンバーのグレン・フライが逝去したことにより、バンドは解散を表明しています。
黙祷。

 

Old And Wise 【The Alan Parsons Project】 (1982)

収録アルバム "Eye In The Sky"

 

イギリスのプログレッシブ・ロック・バンド "The Alan Parsons Project" の6枚目のアルバム "Eye In The Sky" からバラードの名曲 "Old And Wise" です。
アルバム・ジャケットは、アルバム・タイトルの "Eye In The Sky"=「空の瞳」から連想される、古代エジプト神話の「ホルスの目」をイメージしており、イギリスのアート・グループ「ヒプノシス」の手によるものです。

ここでまたまた話が逸れますが、前回日本のジャケット・アートの著名な人物を紹介しましたので、今回は海外のジャケット・アートの第一人者、「ヒプノシス」について少し書きたいと思います。

ヒプノシス」は、1968年にイギリスで結成されたデザイン・グループで、これまでに数々のバンドのアルバム・ジャケットのデザインを手掛けています。
その作風は、神秘的、幻想的で現実なのか非現実なのかわからないようなイマジネーションに溢れているのが大きな特徴ですね。
1970年に、イギリスのプログレッシブ・ロック・バンドピンク・フロイドのアルバム "Atom Heart Mother"(邦題:原子心母)のジャケットをデザインしたのですが、アルバム・ジャケットなのにアルバム名もアーティスト名も表記されていない、あるのは「牛」の写真のみ、という前代未聞の作品を発表したところ、結果的にこのアルバムが全英1位を記録したことで、彼らの評判も急上昇したということです。
それ以降、ピンク・フロイドアラン・パーソンズ・プロジェクトの一連のアルバム、レッド・ツェッペリンジェネシスウィングススコーピオンズ、UK、レインボーなど、ジャンルに関係なく非常に多くのアーティストのアルバム・ジャケットをデザインしています。
日本では、松任谷由実さんの「昨晩お会いしましょう」「VOYAGER」「夕闇をひとり」(シングル盤)のジャケット・デザインが「ヒプノシス」によるものです。

アート集も発売されているようなので、ぜひ一度、お手に取ってみてはいかがでしょうか。


さて、話を戻しまして、アラン・パーソンズ・プロジェクトですが、その名のとおり、バンドというよりはプロデューサー兼キーボーディストのアラン・パーソンズのソロ・プロジェクトで、アラン・パーソンズとボーカル担当のエリック・ウルフソン以外はメンバーを固定せずに、セッション・ミュージシャンを起用してレコーディングを行っているようです(エリックは2009年に癌のため他界)。

今回の "Eye In The Sky" は、全米第7位のヒット・アルバムで、シングル・カットされた表題曲も、全米第3位のヒットを記録しました。日本でも当時ヒットしましたので、聞き覚えのある方も多いはず(なぜか本国のイギリスではあまり売れなかったようですが)。
ポップ系の表題曲や "Step By Step"、ロック色の強い "You're Gonna Get Your Fingers Burned"、プログレッシブ・ロック特有のアレンジ、構成、展開が魅力的な "Silence And I"など、バリエーションに富んだ曲構成で聴く側を飽きさせません。しかも、それぞれのボーカル、演奏がとても繊細で、非常に暖かみがあり、後味の爽やかなアルバムに仕上がっています。

そんなアルバムの最後を飾るバラードの名曲 "Old And Wise"。1970-1980年代のバラード作品のNO.1を選べと言われたら、間違いなくこの曲を選ぶでしょう。

何よりもまず、詩が泣けます。

And oh, when I'm old and wise
Heavy words that tossed and blew me
Like autumn winds will blow right through me
And someday in the mist of time
When they ask you if you knew me
Remember that you were a friend of mine
As the final curtain falls before my eyes
Oh when I'm old and wise

 ああ、年を取って賢くなれば
 僕を苦しめる重い言葉も
 秋の風のように さりげなく吹きすぎていくだろう
 そして いつか
 僕の事を知っているかと聞かれたならば
 君は僕の友だちだったことをどうか思い出してほしい
 最後のカーテンが僕の目の前に降りる時
 ああ、年を取って賢くなれば・・・

自分がそういう年齢になってきたからかも知れませんが、心に響きますねー。もう、ウルウルが止まりません(笑)。

バックの演奏はどこまでも繊細な音色で、コリン・ブランストーンのボーカルは優しげで、悲しげで、切なくて、愛おしくて・・・。
エンディングのメル・コリンズのサックスがまた、心の奥底の感情の琴線をかき乱すかのごとく情熱的で・・・。
後に残るのは、優しさに包まれているような充足感と、ミントのような爽快感ですね。

ぜひ一度、このアルバムを聴いて、アラン・パーソンズの世界に浸っていただければ、と思います。

 

Fantasy 【EARTH,WIND & FIRE】 (1977)

収録アルバム "ALL'N ALL"  (邦題:太陽神)

 

ファンク・ミュージック界の超大御所、アース・ウィンド&ファイヤの全米3位のヒット・アルバム "All'N All"(邦題:太陽神)からのシングル・カットで、 "Fantasy" です。

この曲自体は、アメリカではそれほどヒットしなかった(全米32位)のですが、日本では当時のディスコ・ブームに乗っかり、オリコン洋楽シングルチャート1位を記録する大ヒットになりました。

その曲の前に、まず、長岡秀星氏によるアルバム・ジャケットに惹きつけられますね。エジプトのピラミッドと宇宙の融合というコンセプトのイラストは、発売当時はLPレコードの時代でしたので、サイズも大きくインパクトもかなり強烈でした。

ここでちょっと話がそれますが、アルバム・ジャケットできっと一度は見たことがあるであろう、著名な日本人イラスト・レーターについてご紹介したいと思います。

まずは、長岡秀星氏。宇宙やSFをイメージした神秘的で緻密なイラストで国際的にも活躍された方です。アース・ウィンド&ファイヤの一連の作品のほか、エレクトリック・ライト・オーケストラカーペンターズなどのアルバムも手掛けています。

続いて、永井博氏。大瀧詠一氏のアルバム "A LONG VACATION" のジャケットが超有名ですね。大瀧詠一氏の一連のアルバムのほか、杉山清貴氏やサザン・オール・スターズなど、トロピカルでクリアな風景のイラストレーションで多くの日本人ミュージシャンのアルバムを飾っています。

そして最後に、鈴木英人氏。 山下達郎氏のアルバム・ジャケットを数多く手掛けており、"FOR YOU" が代表作です。アメリカ西海岸を思わせるような、爽やかな風景画、とりわけ車をモチーフにしたイラストがとても印象的です。

 永井博氏、鈴木英人氏のお二人はまだ現役で活躍されているので、素晴らしい作品がこれからも見れることと思います。個展に足を運んだり、作品集でその世界を堪能するのもいいのいではないでしょうか。

・・・

さて、話を戻しまして、アース・ウィンド&ファイヤの "Fantasy" ですが、今でもCMやドラマのテーマ曲として使われることが多いので、アースを知らなくてもこの曲は聞いたことがある、という人も多いのではないでしょうか。

前ノリの16ビートに乗っているのはシンプルなメロディ・ラインなのですが、美しく、感情豊かで、時にはエキサイティングなフィリップ・ベイリーのファルセット・ボイスが、感動的ですらあります。サビでのオブリガード、サビ後のスキャットも最後まで聴き応え充分!です。

アルバムとしての完成度も素晴らしく、強めのビートとホーン・セクションの絡みが「これぞアース!」という感じなのですが、最もリコメンドしたいのは、やはりフィリップ・ベイリーがファルセットで歌い上げるバラード "I'll Write A Song For You" ですね。泣けます。

ちなみに、すごーくちなみに、なんですが、その昔、NHK教育TVで放映していた「ハッチポッチステーション」という子供向け番組で、グッチ裕三さんが「アース・ウィンド・アンドーナツ」というバンドで "Fantasy" のメロディで「かあさんうた」を歌っているのですが、超ツボにハマります。YouTubeで見れますので、ぜひ、こちらも!

 

Carry On Wayward Son 【KANSAS】 (1976)

収録アルバム "Leftoverture" (邦題:永遠の序曲)

 

 

今回はアメリカン・ハード・プログレの雄、カンサスのヒット・チューン "Carry On Wayward Son" (邦題:伝承)です。

1974年のデビュー以来、メンバー・チェンジなどで多少の変化はあったものの、頑なにそのスタイルを貫き通し、今なお現役で活動しているのは、驚くべきことであり、同時に本当に素晴らしいことです。前の回で、路線変更して成功を収めたバンドの話を書きましたが、もちろん路線変更せずにその道を究めて成功したバンドも数多くあるわけで、カンサスはその代表格とも言えるでしょう。

カンサスの魅力というのは、「アメリカン・ハード・プログレ」というジャンルでも表されるとおり、アメリカン・ハード・ロックの荒々しさ、武骨さを基本として、プログレッシブ・ロックの繊細さ、ストーリー性を兼ね備えているところでしょう。ギター、キーボード、バイオリンという楽器の力強いリフと重厚なオーケストレーション変拍子などの複雑なリズム構成を正確に刻むリズム隊、圧倒的な迫力と表現力のボーカル・パート・・・どの作品のどの曲をとっても、一級品であることは間違いありません。

今回の "Carry On Wayward Son" は全米11位を記録したヒット曲で、美しいサビのコーラスから始まります。ドラムのフィル・インから一転、力強くフレーズが印象的なギターのリフ、そしてぐっとテンション抑え目でスタートするボーカル・パートですが、クライマックスに向けて徐々に盛り上がりを見せます。1曲の中での起承転結というか、メリハリ、強弱のコントラストが計算され尽くされた、実に聴き応えのある、カッコイイ作品だと思います。

歌詞もいいですよね。

"Carry On My Wayward, Son." (我が子よ、前へ進むのだ。)

そのサウンドが表すとおりに、ひ弱ではない、どっしり構えた優しさが感じられる、心を打つ詩ですね。